路招

魏の将、路招。

朱霊と路招は2人で1セットと呼んでもいいくらいくっついて行動している。

しかし残念ながら義兄弟でもホモでもない。

演技では袁術討伐時の劉備の監視役として朱霊と共に随行。

しかし袁術が死亡したため曹操の下に帰還。

その際に劉備が彼らの軍勢を現地に残すように命令し、なぜか彼らはそれに従ってしまったために曹操に処断されそうになる。アホの子だった可能性も否定できない。

しかも演技ではそれ以降の記述がないため、不憫な武将扱いされても不思議ではない。

 

正史では馬超韓遂討伐時にも大活躍しているが・・・どうしてこうなった。

 

【基本】

f:id:Arpino:20170611085013j:plain

 

【血縁】

f:id:Arpino:20170611085020j:plain

 

【列伝】

f:id:Arpino:20170611085027j:plain

徐宣

魏の長寿文官、徐宣。

曹操の代から曹叡の代まで長く魏に仕え、68歳で引退を考えるまで現役だったというから驚きである。

この時代に定年という概念はなさそうだし、本人が強く願い出れば死ぬまで現役ということも可能なのかもしれないが、さすがに体が思うようにならなかったんだろうな。

神速を4にしたのは曹丕の船が転覆しかかってるときに、彼がいち早く察知して曹丕の元まで助けに行った逸話から。

陳矯と不仲だったらしいが、陳矯よりもよっぽど性格に難のある陳登には剛紀に任命されているのに、2人の間に何があったのか気になるところ。

 

【基本】

f:id:Arpino:20170611083559j:plain

 

【血縁】

f:id:Arpino:20170611083606j:plain

 

【列伝】

f:id:Arpino:20170611083612j:plain

おやすみ

毒にも薬にもならないことをつぶやくぞ!

 

タイトルの「おやすみ」はgood nightじゃなくてholidayの方だ。

わたしは休日は週3日欲しい派だが、できれば水曜日を休みにしたいと思うほど疲れている。

時給制の派遣だから、勤務日数が減れば当然給与も減るが、最近ではそれでも構わないと思えるほど疲れてきた。

とどのつまり、疲れまくっている。

わたしみたいに、年収よりも休日を重視する若者って多いらしいな、ははは…。

 

仕事よりも上司とかの人間関係がめんどくさい!メールですらほうれんそうが苦痛じゃボケぇ!って人、多いと思うんだよね。

敬いたくない人に敬語使いたくないんだもん。

 

会社のトイレで出すべきものをしこたま出しながら、人生の苦い記憶もこうやって口から接収して、尻から出せればいいのにって思うよ。

費観

李厳の友人、費観。

費観と李厳は20歳以上年が離れていたということは、若者とオッサンが何らかの理由で気心が合ったということになる。

彼の寛容な人柄のお蔭かもしれない。

綿竹で李厳に説得され、劉備軍に投降した後の動きが気になるところ。

もしかすると、友人の李厳の活躍ぶりを裏方から支えていたのかもしれない。

 

【基本】

f:id:Arpino:20170603112441j:plain

 

【血縁】

f:id:Arpino:20170603112449j:plain

 

【列伝】

f:id:Arpino:20170603112456j:plain

盧氏

張魯の母、盧氏。

・・・えーと、誰だっけと検索かけてみるけど、よくわからない謎の人。

「さんすま」ってゲームに出てるけど、たぶん彼女のことだよね?

 

劉璋に殺されて、張魯劉璋の仲が険悪になるキッカケを作った人だけど、成都で人質になったってことは、劉焉が死亡した際にも漢中へは戻らなかったということになる。

それだけ劉焉が好きだったのだろう。

だからこそ、まさか息子に殺されるなんて青天の霹靂モノである。

 

【基本】

f:id:Arpino:20170603110636j:plain

 

【血縁】

f:id:Arpino:20170603110643j:plain

 

【列伝】

f:id:Arpino:20170603110651j:plain

鮑勛

鮑信の子。鮑勛。

公平性が裏目に出て、主君である曹丕から疎まれているにも関わらず、的確な進言をしているところが忠義の士っぽくて良い。

「出る杭は打たれる」を絵に描いたような人と言われば、それまでなんだろうけども。

 

父親の鮑信は武勇をもって曹操の命を救っているから、それに免じて曹丕も許してやればいいのに、あまりにも厳格だったり個性の強い人だと邪魔になるんだろう。

会社組織でも上司が有能な部下を妬んだりすることは珍しくないけど、彼の場合は最後まで我を通して処刑までされてるから、曹丕の恨みが相当なものであったことが窺える。

もう少し何とかならのかったのかな・・・って思う。

 

【基本】

f:id:Arpino:20170603104823j:plain

 

【血縁】

f:id:Arpino:20170603104156j:plain

 

【列伝】

f:id:Arpino:20170603104205j:plain

能力補正①

能力値が不憫な武将を補正してみるテスト。

 

劉循

まずは劉備益州侵攻を1年以上防いだ凄まじい功績があるのに、能力があんまりすぎる劉循

f:id:Arpino:20170603100328j:plain

 

張任呉懿など有能な臣下に恵まれたとはいえ、彼の采配なくしては益州の防備も危うかったに違いない。…ということで、各能力を大幅に補正。

統率70以上はあっていいと思うんだ。

兵科の槍兵をB、特技に訓練、巡察を加え、堅守を5に。

伝授特技は変更なし。

戦法を堅守采配、劉璋軍の指揮官として活躍できるように重鎮特性を慎重堅守、理想威名を金剛不壊に。防衛戦のエキスパートらしくなった気がする。

f:id:Arpino:20170603101355j:plain

 

そういえば、守将といえばこの人だけど、戦法が鉄壁だとちょっとアレな感じなので…

f:id:Arpino:20170603101809j:plain

 

攻守采配にしてみた。基礎能力が高いから後はいいかな。

f:id:Arpino:20170603101916j:plain