張譲

十常侍筆頭、張譲

後漢末の宦官と言えば十常侍、そして十常侍と言えば真っ先にこの人!ってくらいの悪人。

彼ら宦官が朝廷内で私腹を肥やしまくったことで、世は乱れ黄巾の乱が勃発する原因を招いてしまうのだが、なぜか霊帝には寵愛されていたらしい。

霊帝にとっては、誰でもいいから煩雑な内政を担当してくれ~ってノリだったのだろうな。

 

そんな張譲霊帝の死後に自らの立場が危うくなり、諸侯に包囲され逃走。

彼の最期は正史だと入水自殺となっているけど、蒼天航路では董卓によって惨殺されていて、えげつないと言うか歴史に呑まれた感が演出されている。

 

【基本】

f:id:Arpino:20170520145113j:plain

 

【血縁】

f:id:Arpino:20170520145109j:plain

 

【列伝】

f:id:Arpino:20170520145105j:plain