ねこになりたい

おふとんと朝の別れをするのが辛い人向けです。正論で殴らず見守ってあげてください。

With

 

With

 
With 処理するオブジェクト
, 処理1
, 処理2
End With
オブジェクトの処理を省略して書くことができる。

英語で言うThisやItと同様、前の処理を省略するために使うことが多い。
また、処理するオブジェクトの後に「 _(半角スペース+半角アンダーバー)」は不要。

 

ピリオド以降で後続処理を実行させるため、付け忘れに注意。

サンプル

 With Range("A1:G10")
,Rows(1).Interior.Color = rgbBlue
,Rows(2).Interior.Color = rgbRed
End With

実行結果

A1~G10までの列を指定し、1行目の背景色を青、2行目の背景色を赤色に染め上げてみる。特に意味はない。

f:id:Arpino:20200327221758p:plain

落とし穴

カンマをつけないと選択範囲が指定されない。
よって、G列以降も指定されてしまう。

f:id:Arpino:20200327222920p:plain