Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

でんちう

曲名: 電柱(でんちう)
アーティスト: たま
アルバム: ろけっと
リリース: 2004年

www.youtube.com

 

 

きみとぼく
ふたりでひとつの歌を
うたうよ
猫がベロを出したまま 眠ってる 夜
昨日食べた魚がどっかで泣いているよ
うんと遠くだから 全然聞こえない
聞こえないけれど、聞いてるよ

きみとぼく
ふたつのこえで歌っているよ
犬が空を見て、動けないでいる夜
足の悪い子供たちが夜空を歩いていく
お月様を横切った小さな影
誰も気づかないフリしてるんだね

誰も知らない昔々の電信柱の下で
ぼくの知らない誰かさんがぼくのことを思い出している

だから きみとぼくふたりでひとつの歌をうたうよ
ひとりずつでも ちゃんと歌えるんだけど
どこにもない秘密基地で待ち合わせるよ
どこにもないから たどり着けない
だからいつまでも待っているよ
いつまでも待っているよ
いつまでも待っているよ
いつまでも待っているよ