Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

Time

曲名: Time (タイム)
アーティスト: Pink Floyd
アルバム:

Echoes - The Best of Pink Floyd (エコーズ〜啓示)

The Dark Side Of The Moon (狂気)

リリース: 1973年

 

Ticking away the moments that make up a dull day
うんざりするような一日を 時はきざんでゆく

Fritter and waste the hours in an offhand way.
きみは何も考えず 無思慮に時を浪費する

Kicking around on a piece of ground in your home town
生まれた町から 抜け出そうともせず

Waiting for someone or something to show you the way.
道案内をしてくれる 誰かか何かを待っているだけ


Tired of lying in the sunshine
日だまりで 寝そべるのも飽き

Staying home to watch the rain.
家の中から 降りしきる雨を眺める

You are young and life is long
きみは若く 人生は長く

And there is time to kill today.
今日なんて無駄にして構わない

And then one day you find ten years have got behind you.
しかし或る日 10年が既に過ぎ去ったことに気づく

No one told you when to run,
誰もきみに いつ走り出したらいいのか教えてくなかった

You missed the starting gun.
きみはスタートの号砲を 聞き逃したのさ


So you run and you run to catch up with the sun
きみは太陽に追いつこうと ただ走り続ける

But it's sinking
しかし太陽は沈んだかと思うと

Racing around to come up behind you again.
今度は一周してきて きみの後ろからやってくる

The sun is the same in a relative way
太陽はいつまでも変わらない

But you're older, shorter of breath
and one day closer to death.
しかしきみは息を切らして 
日々死に近づいてゆく

Every year is getting shorter
一年一年はどんどん短くなるように感じられ

Never seem to find the time.
時を見出すのは 不可能らしい

Plans that either come to naught or half a page of scribbled lines
企んだ計画は失敗するか 書きなぐったメモが残るだけ

Hanging on in quiet desperation is the English way
きみはイギリス人らしく 静かな絶望に見を委ねる

The time is gone,
時は過ぎゆき

the song is over,
この歌ももうお終い

Thought I'd something more to say.
もっと言いたいことがあったはずなのに...


Home
Home again
我が家 住み慣れた我が家

I like to be here when I can
できることなら ずっとここにいたい

When I come home cold and tired
冷えきって 疲れ果てて帰ってくると

It's good to warm my bones beside the fire
暖炉の炎で心地よく 骨の髄まで暖まる

Far away across the field
野原の遥か向こうからは

The tolling on the iron bell
鉄の鐘の響き

Calls the faithful to their knees
ひざまづく信者たちに

To hear the softly spoken magic spell
優しく魔法の呪文を唱えるかのように

 

 

引用元

hp8.0zero.jp