Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

Going To California

曲名:

Going To California (カリフォルニア)

アーティスト: Led Zeppelin
アルバム: Led Zeppelin IV
リリース: 1971年

 

www.youtube.com

 

Spent my days with a woman unkind
性悪女と何日か過ごしたら

Smoked my stuff and drank all my wine.
オレの薬を吸って オレのワインを全部飲んじまった

Made up my mind to make a new start
新しいスタートを切ろうと決心して

Going To California with an aching in my heart.
心の痛みを抱えてカリフォルニアに向かった

Someone told me there's a girl out there
誰かが教えてくれたんだ あそこには

With love in her eyes and flowers in her hair.
瞳に愛をたたえて髪には花を挿した女の子がいるって


Took my chances on a big jet plane
だから大きなジェット機にチャンスを賭けた

Never let them tell you that they're all the same.
連中に「どいつもみんな同じだ」なんて言わせないぜ

The sea was red and the sky was grey
海は赤く 空は灰色で

Wondered how tomorrow could ever follow today.
明日はいったいどんなことになるんだろうと思ってた

The mountains and the canyons started to tremble and shake
As the children of the sun began to awake.
太陽の子供たちが目を覚まし始めると
山の渓谷も一緒になってガタガタ震え出した


Seems that the wrath of the Gods
まるで神々の怒りが

Got a punch on the nose and it started to flow;
鼻にパンチを食らわせて そいつがあふれ出したみたいで

I think I might be sinking.
自分が沈みかけてるような気がするよ

Throw me a line if I reach it in time
間に合うようならオレに命綱を投げてくれ

I'll meet you up there where the path
ずっとむこうの道が高く真っ直ぐ延びているところで

Runs straight and high.
また会おうぜ


To find a queen without a king;
王様のいない女王様を見つけるんだ

They say she plays guitar and cries and sings.
彼女はギターを弾き 泣きながら

La la la la
ラララララと歌っているという

Side a white mare in the footsteps of dawn
夜明けの階段を白い雌馬に乗って

Tryin' to find a woman who's never, never, never been born.
決して、決して、決して、生まれ出たことのない女を見つけ出すんだ

Standing on a hill in my mountain of dreams,
自分の夢の山の丘に立って

Telling myself it's not as hard, hard, hard as it seems
思っているほどむずかしくない、むずかしくないと言い聞かせながら