Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

狂気の終わり

たとえば、たとえばの話だ。

 

人工知能が大量生産されて、

その中の何割かが怜悧狡猾な奴で、

やがて格差が生まれて、

感情に乏しい人工知能

ホームから転落したり

線路の上で仁王立ちすることがあっても

ちゃんと冷静に鉄道路線をコントロールする人工知能は存在して

自動運転の人工知能に指令を出してくれる

 

そこには情感だとか、義務感だとか

なにか胸をつき動かすものは何一つなくて、

時間だけが素知らぬふりで過ぎていく

 

いっぽうで、わたしたち人間は

相変わらず満員電車の中で

スマホをぴこぴこさせながら

ひしめきあっている

 

そんな狂気の成れの果てみたいな日常がやってきても、

ほかにすることがないから、

わたしはとりあえず窓の外を眺めて

ぼーっとするのだろうな