鮑勛

鮑信の子。鮑勛。

公平性が裏目に出て、主君である曹丕から疎まれているにも関わらず、的確な進言をしているところが忠義の士っぽくて良い。

「出る杭は打たれる」を絵に描いたような人と言われば、それまでなんだろうけども。

 

父親の鮑信は武勇をもって曹操の命を救っているから、それに免じて曹丕も許してやればいいのに、あまりにも厳格だったり個性の強い人だと邪魔になるんだろう。

会社組織でも上司が有能な部下を妬んだりすることは珍しくないけど、彼の場合は最後まで我を通して処刑までされてるから、曹丕の恨みが相当なものであったことが窺える。

もう少し何とかならのかったのかな・・・って思う。

 

【基本】

f:id:Arpino:20170603104823j:plain

 

【血縁】

f:id:Arpino:20170603104156j:plain

 

【列伝】

f:id:Arpino:20170603104205j:plain