【お勉強メモ】JavaScript 5日目

前回に引き続き、ウェブプログラミングプライマーのお勉強メモを書いていくよー。

wp-p.info

今回は変数の続きから。

変数を使ってみよう(2)

まずは代入。代入するときは左→右の順で読み込まれる。

var x;  //①数字のxを作成
x = 1;  //②1を代入

console.log(x);  //xは関数扱いなので""で囲まない
    
1

xが関数扱いでないのがミソ。ここでは変数扱いなので、""で囲まない。

変数なので加算、減算もできる

var x;
x = 1;

console.log(x + 2 + 3 + 4 + 5);
    
15;

変数に代入された中身(上記の場合は1)をと呼ぶ

Hello worldと表示する場合も、直接代入することができる。

var x;
x = "Hello world!";

console.log(x);
    

長いので簡略化することもできる。

var x = "Hello world!";
console.log(x);

前回で「変数は複数定義できるよ!」ってのがあったけど、 それを応用して複数の関数を定義しながら値を入れることもできる

    var x = "test", y, z = 1 ;
console.log(x,z);

初期値は必ず設定する・・・と覚えておく。
スタートラインを定めるみたいな感じかな?

変数名が定義されていないとundefinedって値が出てくる。

続きは後日