トイレのはなし(職場編)

わたしは仕事でなにか困ったり、どうにもならなかったりすることがあったときは、迷わすトイレの個室で色々と考える人だ。

職場は雑居ビルの一室を借りているため、トイレは各階で共用のところを利用することになっているのだが、ここでひとつ困ったことがある。

 

トイレの個室が各階に2箇所しかないのだ。

 

そのため、たいていトイレに行きたいときは個室が閉まっている。

一時だけならマシかもしれないが、運が悪いとトイレに行く度に個室が閉まっていることもあり、便秘になる者が後を絶たないか、誰かがマインドフルネスに没頭しているか、ふたつにひとつとしか思えないこともある。

 

ともあれ、仕方なく上の階に行ったり下の階に行ったりするわけだが、なぜかどの階も個室が閉まっているのだ。

(ただ最近だと、地下1階のトイレは比較的裏切らない可能性が高いことを学んだ)

 

ペンは剣よりも強く、便意も悩みに勝るもので、階段やエレベーターを上り下りする内に、悩みのことなどすっかり忘れてしまっている。

ほんとうは、でかい悩み事なんかよりも考えるべきことが、ほかにあるのかもしれない。

 

もし、それを希望と呼べるのなら…。