Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

首吊りの木

曲名: 首吊りの木
アーティスト: COCK ROACH
アルバム: 青く丸い星に生まれて
リリース: 2004年

 

旋風に舞った花吹雪
時が止まるほどに輝いた
夜空に吸い込まれた黄色達
花園の中央に木が一本

僕は肉体という玩具を得た
季節ごとに変わる魂
瞼を閉じればほらそこに
生まれたあの日に戻れる線路

いつでもおいで
いつでもおいで

空を飛ぶ夢みたい
少し怖くて
月にぶら下がる滴の様に
美しくなれるかな

真夏の空の下で
花を摘んでいたね
風の色が目に見えた
あの頃になれるかな
あの頃になれたかな

旋風に舞った花吹雪
時が動き出すほど色褪せて
夜空に吸い込まれた白と黒
花園の中央に木が一本

それにぶらさがる僕ひとり
それにぶらさがる僕ひとつ