Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

きみしかいない

曲名: きみしかいない
アーティスト: たま
アルバム: きゃべつ
リリース: 1992年

 

最終避難場所のともだちとキスをして
とかげの棲む公園をあとにした
きみのあたまは誰かのいたづらでもうこわれちゃってるから
図書館のガラスを割って這入る
誰もいないから きみしかいない
誰もいないから ぼくの言うこときこうね

ずぼんにしみついた さばの缶詰の匂いが大嫌いで
みんなの待つ公園を爆破した
不自由な身体のきみとあそびながら
地下室で見つけた火薬の本
誰もいないから きみしかいない
誰もいないから きみがこの世でいちばん

誰もいないから きみしかいない
誰もいないから きみがこの世でいちばんぶす
誰もいないから しょうがないよ
誰もいないから ぼくらがいるのはずるいね