Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

学校にまにあわない

曲名: 学校にまにあわない
アーティスト: たま
アルバム:

たま ナゴムコレクション

さんだる

リリース: 1997年

 

百万階建ての ビルディングの建設
階段だけしかない それだけの為の建物

ライト兄弟の 飛行機が何百台も
赤トンボのように 横をすりぬけてゆく

ロッキー山脈のふもとの 小さな村の人々が
アリのようにす早くうごめくのが 肉眼ではっきりみえる

夢うつつの作業現場 鉄のぶつかりあう音
建築の快感 目的の遂行

ある日足場踏み外して そのままの姿勢で堕ちて行く
三年前建築した階 四十年前建築した階

でも下には網が張ってあって 僕はうまいことフィニッシュを決めるのさ
満場のお客様が いっせいに拍手 拍手

でもひとつだけ 後ろを向いている男がいるぞ
こいつの前にまわってのぞきこんでやれ
あ なんだ僕のお父さんじゃないか

年賀状を配っていく 家族だけの元旦
玄関にはしめ縄で ほかの人を入れなくしておく

みんなと遊んでいた うちの近くの第三公園
ひょいと頭 持ち上げると 真夜中になっている

ジャングルジムにからまってた 僕のまっ赤なまっ赤なゴムの友達も
なんの挨拶もなしに 東北の家に帰って行ってしまった

倒れたラクダの 目玉だけが生きててギョロリと僕を見ている
みないようにみないようにしているのだけど どうしても見てしまう

ミタナ ボクノ オモイデ キミハ キョウ カワニ ドブント オチルヨ
ボクハ クサノシゲミデ キョウカショヲ サガシテル
キョウカショガ ミツカラナイ ガッコウニ マニアワナイ
ノートモ ドッカ イッチャッタ センセニ オコラレル

学校にまにあわない……