Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

水たまりとワルツ

曲名: 水たまりとワルツ
アーティスト: 無限マイナス
アルバム: パーフェクトワールド
リリース: 2008

 

しゃがみ込んだ
僕の足元
憂鬱の
水たまりができた

それを器用に
ペロペロ飲み干す
君の目玉に
僕の明日が映った

さあ。おいでよ。と
さらわれた手
あっけにとられた僕の抜け殻は
決して君に
この涙を
悟られぬ様に

月の呼吸に
比例した悪夢は
今夜も僕を
眠りから遠ざけた

目を擦りながらも
それを食べてしまった
君の目玉に
僕の昨日が映った

さあ。おいでよ。と
さらわれた手
握り返す力もない僕と
慣れないのに
できないのに
踊ったワルツ

僕がいなく
なってからも
この人だけは幸せである様に
無責任に
降り始めた
雨に祈った。