Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

惑星メランコリー

曲名: 惑星メランコリー
アーティスト: THE BACK HORN
アルバム: イキルサイノウ
リリース: 2003年

 

人類の誕生は終わりまでの始まりだったから
地上に人間が溢れ返った頃 方舟は地球を去った

方舟に乗った選ばれし者は傲慢な権力者
まるでゴミを片付けるような仕草で爆弾を投下した

地上は業火に焼かれて地獄のよう
肥えた人間の脂肪はよく燃えた

宇宙空間に点在する星 その中のどれだけが
自分の産み落とした子供の手で消滅したのだろう

愛が地球を救うなんて誰が言う
笑っちまうような絶望の底で

アダムとイヴが口にした禁断の果実
許されぬもの程 愛おしくなるのは何故
最後のラヴソング 人類に捧ぐ
俺達は害虫 燃え尽きて死んじまえ さあ!

愛が地球を救うなんて誰が言う
笑っちまうような絶望の底で
アダムとイヴが口にした禁断の果実
許されぬもの程 愛おしくなるのは何故
最後のラヴソング 人類に捧ぐ
俺達は害虫 燃え尽きて死んじまえ さあ!