Underworld

生活感とささやかな愚痴に満ちています

2012-04-08から1日間の記事一覧

夢遊旅行

曲名: 夢遊旅行 アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 夢遊病者のお祭りが今夜2時に開かれる月明かりに照らされた11人の参加者山羊にまたがった僕らはボンジュースを飲みながら七色の巨大魚を探して聖なる湖へ …

太陽の子供達

曲名: 太陽の子供達 アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 僕の四角い窓から丸い太陽を眺めてるこんなに小さい窓からもすべて隠さず見せてくれるんだ 聖書を片手に死んだ男子供を抱えて焼かれた女遠い砂漠のピラミ…

又、夢。

曲名: 又、夢。 アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 天国から落ちてくる娼婦に囲まれて眠る僕はフェラチオをされている海面浮かぶベッド。醜い女々顔僕を死の快楽へと誘うのかい? 夢。 夢。 夢? また、夢。 首…

アンダレイ

曲名: アンダレイ アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 竜宮の街徨い歩き辿り着いた部屋の中にはターゲットとなり肉片舞散り解けた頭の中、絡みつく憎悪 アンダレイ 竜宮の街徨い歩き辿り着いた部屋の中にはター…

右脳ガム

曲名: 右脳ガム アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 惑星、旅する右脳よ飛び散って張り付く右脳よ。銀色のラクダの 骨はアルミホイル 石橋、叩いて渡るか?石橋、壊して泳ぐか?オーロラを食べたら 眼は七色に光…

夏の名残り

曲名: 夏の名残り アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 セミの声で目が覚めてあじさいが庭に咲いて夏の夜に鳴く虫が家の中で迷っている小麦色の少年と重ねては思い出す手影踏みを分かれ道で日暮れ時にやった記憶 …

蝿とイチゴ

曲名: 蝿とイチゴ アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 僕の幼い唄は蝿の飛ぶ軌道に乗って夜空の星になりすまして君を見ています おもちゃが降り注ぐ天気頸動脈を押さえて遊ぶこの世界は嘘でできていますそれこそ…

死者列車

曲名: 死者列車 アーティスト: 無限マイナス アルバム: 死んだはずの僕の旅行 リリース: 2006 黒蛾を散りばめた夜空喪服の行列が町を歩くそれぞれの色の風船持って透明な僕をすり抜けた 手放した風船は空高くそれにつられ僕も宙に浮いた誰も居ない月の駅…